★「捨てられない人」の考え方:なぜ捨てられないのか~ 発想を少し変えるだけで誰でも捨てられるようになる~

断捨離
スポンサーリンク

気づけばもう何年も着ていない洋服や、買ったきりほとんど履いていない靴。出番のなくなったバッグ、アクセサリー、小物、生活雑貨、食器、便利グッズや資格テキストなど。増えすぎて本来の収納スペースからもはみ出して、部屋の床に置きっぱなしなものも。ぐちゃぐちゃな部屋では、仕事で疲れて帰宅しても、せっかくの休日も、ちっともリラックスできません。

でも、どれもなかなか捨てられなくて、という人、案外多いのでは。

これまでも、そして現在も使われていない(つまり無くても困らない)のに、捨てられない、捨てにくいのはなぜなのか。考えてみたこと、ありますか?

自分自身の経験を振り返ると、原因は次の2つだったように思います。

捨てられない原因その1:不安、自信のなさ

捨てることに漠然と不安を感じたり、本当に捨ててよいのか判断がつかない、という人は、物事を論理的に考えることに慣れていないタイプなのかも。直感型というか感情優位型というか。考えがうまく頭の中でまとまらないまま行動してしまうことも多いため、何事も「念のため・・・」という発想になりがちで、普段から荷物が多かったり、めったに使わないものまで持ち歩いていたりします。自分の判断に自信がもてず、手放した後に「やっぱり必要だった」と思う場面があるのでは、という心配がぬぐいされなくて捨てられないのです。

しかし。

判断を何年も先延ばしにしていると、その先にあるのは「汚部屋」、さらには「ゴミ屋敷」です。

それだけは絶対にイヤ。

思い立ったが吉日。思い切ってやってみましょう、不用品の処分。

判断できないのは、これまで判断する機会をあまり経験してこなかったから。

誰でも経験のない(少ない)ことは出来なくて当たり前。学校でも「モノの捨て方」なんて教えてくれないし。練習だと思って少しずつ経験を積み重ねていけばいいんです。

具体的には、次のようなことを考えてみるといいですよ。

考えてみよう

今、ソレを使っていない理由は何か

手放すことで何か困ることがあるか

手放すとどんな良いことがあるか

例えば、数年前に買った、1~2回しか着ていないおしゃれなコート。

着ない理由

珍しいデザインに惹かれて買ったけど、個性的すぎて手持ちの服とどう合わせて良いかわからない

手放すと困るか?

困らない(実際、他のコートばかり着ているし)

手放すとどんな良いことが?

収納スペースにゆとりが生まれる、買ったのに着ていないという負い目から解放される、ひとつの失敗経験としてこれからの服の買い方に活かせる、など

着ない理由を解消できるなら取っておいてもいいけど、解消できるかな?

ステップ1:どんな服ならそのコートと合うのか考える(思いつかなければ今後もコーディネートするのは難しい)

ステップ2:思いつかない場合、とりあえずかたっぱしから今ある手持ちの服と合わせてみるのも方法のひとつ

ステップ3:合う服がみつかれば今後はその組み合わせで着ればいいし、見つからなければ、やはり今後も出番はないので、潔く処分

捨てられない原因その2:「損をしたくない」という心理

ここまでやっても邪魔をするのが「でも高かったし・・・」という気持ち。言い換えれば「損をしたくない」という心理です。まぁ、人間誰でも損はしたくないですよね。

ただ、「捨てられない人」の「損をしたくない」は、実はちょっとピントがずれているのです。

どういうことかというと。

損得判断する際、焦点をあてるべき対象を間違っているのです。

「捨てられない人」は、購入金額にばかりフォーカスして「捨てる=自分の払ったお金をドブに捨てる行為」と誤認識していることが多いのです。

確かに、購入時、全く同じデザイン・品質で値段の違う2つのものがあったら安い方を購入するのが正解です。全く同じ品質なら少しでも安く購入した方がお得だし、高い方を買うのは損だから。この場合「値段」にフォーカスするのは正しいことです。

でも、使わないものが家にあふれていて、処分するか否かを判断する時、フォーカスすべきは「値段」ではなく「価値」です。もっと言うなら「自分にとってプラス価値があるかどうか」です。

ソレは、自分にとって必要不可欠なものなのか、自分の役にたっているか、自分を快適にしてくれているか、自分の気持ちを奮い立たせてくれるか、幸せを感じさせてくれるか、自分に喜びをもたらしてくれているか。

どうですか?ソレにプラスの価値を感じてますか?

プラス価値は感じない。それでも「捨てる=損」の考え方が抜けない時は、少し違う面から損得を考えてみます。例えば。

損得の視点を変えてみよう

・高いお金を払った上に不便・ストレスまで抱え続けるなんて割があわないぞ(損のダブルパンチ。つまりえらく損している)

・金銭的なマイナスだけで済ます方がまだマシ(まだ損失が少なくて済む)

少なくとも、手放せばストレスからは解放される(精神的な健康ゲット!)

・自分の買い物の仕方を見直すいい経験になった(今後に活きる経験ゲット!)

自分はどうしてソレを捨てたくないのか、捨てることに抵抗を感じるのか。役に立ってもいないのに。

一度じっくり考えてみると、自分が何に執着しているのか、どんなことにコンプレックスを感じているのか、意識していなかった願望、嗜好がみえてきたりします。場合によってはカッコ悪い素の自分と向き合うことにもなるけれど、自分の価値観を理解するいい機会になります。

なにより、物が捨てられるようになるので、すっきり片付いた気持ちのいい空間が手に入ります。ぜひ一度試してみて下さい。

コメント

★右側のサイドバーから全カテゴリーの記事を選んでチェックできます(サイドバーアイコンが隠れている場合は画面を上にスクロールすると画面右下に現れます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました