お金は無いが観劇したい!プアな舞台オタクの観劇サバイバル法5選

徒然なるままに(雑記)
スポンサーリンク

舞台チケットは映画などに比べると値段が高めです。

特に大型ミュージカルともなると、最も座席数の多いS席は13,000~15,000円くらいするのが普通。薄給の身にはなかなかの金額です。少なくとも月に何回も観に行ける額じゃない。

でも。

観たい。

そう、それでも観たいのが舞台オタクなのです。

お金がない中、いかにチケット代をひねり出し少しでも懐に優しい観劇をするか。

もちろんチケットは定価購入が基本です。そこから役者さんや演出家さん、スタッフさん、ミュージカルなら指揮者や奏者の方々へのギャラが支払われるわけですから、最初からディスカウントありきとは全く思っていません。重々わかっています。

でも、お金がなくて、それでも舞台を楽しみたいと思っている人間もいるのです。

低所得でも、貧乏人でも、プアピーポーでも舞台が好きなのです。

そこで、今回は私自身の経験として、お金はないけどどうしても舞台を観たい人間がどうやって観劇してきたか(チケットを確保してきたか)についてお話しようと思います。

さっそく結論から。

王道手法(まずはできることから)

1最安席を狙う 

2学割やU25チケットをフル活用する

3割引チケットを購入する

運次第手法(チケットの神様が微笑んで下さればGet)

4招待チケットに応募する

5おけぴで公演間近のチケットを頻繁にチェックする

************

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

1最安席を狙う

文字通り、その公演で設定されている一番安い座席の購入をめざします。

いわゆる大劇場クラスで上演される作品では座種ごとに料金設定がわかれていることが多く、たとえば帝国劇場や日生劇場ならB席、歌舞伎座なら3階B席、幕見席などですね。公演によっては立見席などもこれに該当します。

ただ、最安席狙いの人は多く、枚数も限られるため、競争率は高いです。特に人気公演の場合はチケットが取れるかどうかはタイミングと運次第。

2学割をフル活用する

学生の特権「学割」です。最近では人気公演でも学割制度があったりするので、該当するなら使わない手はありません。観たい公演に学割制度があるかどうか必ずチェックしましょう。ちなみに私は社会人学生だった時に何度かお世話になりました。最近ではU25チケット(25歳以下の若者向けチケット。学生でなくても使える)を設けている公演もあります。

ただ安い分、当日にならないと座席がわからないとか、舞台から遠かったり、端席だったり、場合によっては立ち見だったりするケースもあるので要注意。様々な可能性を考えて、長時間立ちっぱなしでも疲れにくい靴で行く、双眼鏡を持っていく、冷房の風直撃席だった時のために羽織るモノやストール等を持っていく、などの用心をしておくと安心です。

3割引チケットを購入する

前売りチケットの売れ行きが芳しくない時や、開幕してもチケットの売れ行きが思うように伸びない時など、急遽割引チケットが販売されることがあります。近年では一度劇場に足を運んでくれた人を対象とする「リピーターチケット」もよく見かけるようになりました。最初から一定額を割り引いてチケット販売してくれるカンフェティなどのサイトを利用するのも手です。おけぴ観劇会などでは2階席やサイドブロック席が若干値引きされて販売されたりもします。

おけぴとは・・・定価以下限定のチケット譲渡サイト。トラブルを避けるためにも、利用の際はおけぴ会員に登録し、(経験則から)お取引相手も会員に限定することをおススメします。

さて、ここからはまさに運次第なチケットゲット方法です。

4招待チケットに応募する

新聞の文化欄や、地元の生協、スーパー、加入している保険会社、ケーブルテレビなど、様々な媒体が舞台の招待企画をしています。もちろんどの公演が招待を設けるかは予測できませんし、招待企画があったとしても当選するとは限りません。が、応募しないことには絶対当選しません。経験上、新聞など誰もが応募できる媒体よりも、地元生協やスーパーなどローカルなもの、あるいは加入者しか応募できない保険会社やケーブルテレビの企画などの方が当選しやすい気がします。

私も学生の頃は手当たり次第に応募して、ずいぶん多くの舞台を見させてもらいました。

5おけぴで公演間近のチケットを頻繁にチェックする

 公演間近に都合がつかなくなった場合や、公式チケットが余っている場合、早く確実に譲り先が見つかるようチケット代を値引きして譲渡に出す方がいます。場合によっては半額近くで出す方も。譲渡が出るか、出たとしても譲っていただけるかもわからないので、まさに運次第ですが、ご縁があれば正規額より安く観劇することが可能となります。

●おまけ● 塵も積もれば山となる。少しでも諸手数料を抑える方法

人気チケットを確保するには、少しでも当選確率を上げるため、先行予約への申し込みが欠かせません。が、先行であればあるほどプレイガイドに払う手数料も高くなります。これが結構ばかにならない。なので、私はあえて先行予約には申し込まず、一般発売後の戻りチケットに賭ける、ということをよくやっていました。

 また、東宝やホリプロ作品であれば、プレイガイドではなく東宝ナビザーブやホリプロオンラインなど自社チケット販売サイトの利用が一番手数料がかからず便利。(コロナ禍の今は東宝ナビザーブも発券手数料がかかるようになりましたが、以前は劇場発券であれば手数料は無料でした。今後どうなるか注視していきたい点です)

最後に

今はさすがに学生の時ほどお金がないという状況ではなくなりましたが、それでもリピートすることを考えてS席ではなくA席を選んだりはします。

安い席になればなるほど、舞台から距離があります。そんなリーズナブル席の強い味方が双眼鏡。これさえあれば、最後列でも役者さんの表情までよく見えます。

みんなでなろう、劇場野鳥の会会員。(結構お仲間多いですよ!笑)

観劇というとオペラグラスを連想する方が多いようですが、大劇場ではオペラグラスでは倍率が低すぎるので双眼鏡一択です。しかし倍率が高すぎても使い勝手が悪い(役者さんの顔のドアップになってしまったり視界が暗すぎたり手ブレしたり)ので、観劇用なら6~8倍で、なるべく軽量のものがおススメ。ちなみに私が持っているのはこの2つ。

Amazon.co.jp: ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナMシリーズ アリーナM8×21 パウダーピンク 1318-08 : 家電&カメラ
家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナMシリーズ アリーナM8×21 パウダーピンク 1318-08を通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: Kenko 双眼鏡 コンサート用 ウルトラビューH 6×21DH FMC ダハプリズム式 6倍 21口径 コンパクト フルマルチコーティング グリーン : 家電&カメラ
家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、Kenko 双眼鏡 コンサート用 ウルトラビューH 6×21DH FMC ダハプリズム式 6倍 21口径 コンパクト フルマルチコーティング グリーンを通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。

たとえば、帝劇B席(2階後方席)なら8倍、1階A席(1階後方席)なら作品に応じて使いやすい方を、そして例えば『スリル・ミー』のように劇場は小さめでも役者さんの表情をしっかり観たいがために双眼鏡使うなら視界が広くとれて明るさも確保できる6倍がベター。

観劇はお金のある人の贅沢な趣味、というイメージを持たれがちですが、実際にはいろいろな人が、決してお金持ちではない人も大勢、舞台を楽しんでいます。そりゃお金はあった方がいいけれど、なければないで、皆なんとか工夫したりやりくりしたりして観劇しています。今お金がないそこのアナタも、観劇を全面的に諦めることはありません。自分の出せる範囲のチケット代で、回数で、一緒に舞台を楽しんで参りましょう!それでは、また!

↓ブログランキング参加中↓応援クリック下さっている皆様、いつもありがとうございます。励みになってます。今回初めましての方もご訪問ありがとうございます。オウムに餌をやる感覚でクリックしていただける嬉しいです♪
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
徒然なるままに(雑記)
コバタンをフォローする
↓ブログランキング参加中↓応援クリックして下さっている皆さま、いつもありがとうございます。励みになってます。今回が初めましての方もご訪問ありがとうございます。オウムに餌をやる感覚でクリックしていただけると嬉しいです♪
シンプル&コンパクトな生活

コメント

★右側のサイドバーから全カテゴリーの記事を選んでチェックできます(サイドバーアイコンが隠れている場合は画面を上にスクロールすると画面右下に現れます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました