★散らからない部屋を作るためのポイントは3つ

断捨離・片づけ
スポンサーリンク

部屋を片づけても、すぐまた散らかってしまう・・・。そんな経験を繰り返している人、案外多いのでは。単にモノをクローゼットや引き出しにしまうだけでは、その一瞬は片づいたように見えても、根本的な解決にはなりません。

私自身の経験を振りかえってみると、「散らかる」問題を解決するためには、「モノの量」と「定位置の決め方」「固定観念を捨てる」がポイントのように思います。

ポイント1

モノを減らす

これが一番のポイント。モノさえ減らせれば作業の大半は終わったも同然。

いっとき「隙間収納」なんて言葉が流行ったこともありましたが、いかに隙間空間を活用してモノを突っこんだところで、沢山のモノを整理整頓・収納し、綺麗な状態をキープするのは至難の業。結局すぐまた散らかってしまいます。とにかくモノを減らすこと。これが一番の解決策。それに、一度やってみると、自分が快適に暮らすために必要なモノは案外少ないのだと実感できます。

他のもので代用できるアイテムはなくてOK

例えば、我が家にはヤカンやポットがありません。お湯を沸かすには鍋を使うか、レンジでチン。必要ならその都度沸かすかチンすればいいのでポットがなくて困ることもありません。

収納ボックス、藤カゴなどの収納系グッズを処分する

え?逆じゃない?片づけるために収納グッズは必要でしょ???と思ったそこのアナタ。

片づけ下手な人が陥りがちな勘違いが「モノが多い→収納グッズを買ってそこにしまえば片づくはず」という発想。何を隠そう私自身がそうでした。結局その収納グッズ自体が増えすぎて場所をとり、ゴチャゴチャ感の源になっているのです。

すっきり片づいた部屋を目指すなら、これら過剰な収納グッズは思い切って捨てるのが正解。当然その中に入れていたモノたちも取捨選択することになります。

ポイント2

使う場所を考えて定位置を決める

定位置は「使う場所の近く」が原則

収納スペースと持ち物の量が適切であれば、定位置さえ決まればモノは散らかりません。だって元の場所に戻せばいいだけの話だから。

それでも散らかって片づかないという人は、定位置の決め方に改善の余地があるのかもしれません。

たとえば、食器は食器棚に、衣服はタンスにしまうもの、と考えがちですが、それはあくまでも一般論。自分にとって使いやすい定位置とは限りません。例えば、キッチンで家事の合間に資格の勉強をしているという人なら、食器棚の引き出しにノートや文具、テキストをしまっておくのが便利だし、終わった後にすぐ片づけることができます。つまり「ノート・文具・テキストは食器棚の引き出し」がその人にとっては適切な定位置なわけです。他にも、入浴のタイミングに着替えることの多い下着類は、部屋のタンスではなく脱衣スペースにある引き出しにしまう、とか、明るいリビングで化粧をすることが多い人なら、リビングのどこかにメイク道具一式をしまうスペースを決めておけばサッと取り出せてサッとしまえるので散らかることはありません。

ポイント3

固定観念を捨ててみる

例えば、ゴミ箱は必ずしも必要ではないかもしれない

以前は各部屋に1個ずつ置いていたゴミ箱。ある日ふと「これ、なくても別に困らないかも」と思い、試しに撤去してみました。部屋で出るゴミといえば、ティッシュなどの紙類がほとんど。おしゃれなデザインの小さな手提げ紙袋(ショップのロゴとかが入っているようなやつ)をゴミ箱かわりに使ってみたら、それで十分足りました。紙袋なので少しくたびれてきたら躊躇なく捨てられるし、たまりがちな紙袋の有効利用にもなって一石二鳥。

先ほどの「キッチンの引き出しにノート~」も定位置の固定観念という点では同じ発想。食器棚だからといって食器・料理関係アイテムしか入れちゃダメというわけではないですから。

自分にとって本当に必要なものと、なくても困らなそうなもの。自分が取り出しやすく、しまいやすい場所ってどこだろう?

すっきり片づいた心地よい空間を手に入れるため、一度じっくり考えてみてはいかがでしょう。そして物は試しのつもりでやってみることをおススメします。きっと新たな発見がありますよ。

ハウスクリーニングやエアコンクリーニングはプロにおまかせ!【ユアマイスター】

↓ブログランキング参加中↓応援クリック下さっている皆様、いつもありがとうございます。励みになってます。今回初めましての方もご訪問ありがとうございます。オウムに餌をやる感覚でクリックしていただける嬉しいです♪
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
断捨離・片づけ 片づけ
コバタンをフォローする
↓ブログランキング参加中↓応援クリックして下さっている皆さま、いつもありがとうございます。励みになってます。今回が初めましての方もご訪問ありがとうございます。オウムに餌をやる感覚でクリックしていただけると嬉しいです♪
シンプル&コンパクトな生活

コメント

★右側のサイドバーから全カテゴリーの記事を選んでチェックできます(サイドバーアイコンが隠れている場合は画面を上にスクロールすると画面右下に現れます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました